吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年はマンション業界崩壊の年?

2007年も残すところあとわずかとなりました。長谷工のモラル欠落振りと武蔵野市政の身勝手さに振り回された年も、もうすぐ終わりです。来年こそは、こうした心配のない明るい年にしたいものです(このままでは、新築工事だ何だととても無理そうなのが残念ですが…)。

法政跡地の解体工事ですが、いよいよC校舎(西側北棟)もほぼ解体されてしまい、女子大通り側からは今までになく視界が開けた状態になりました。これがそのまま低層の町並みに置き換われば言うことはないのですが、巨大な下駄箱のような長谷工マンションが建てられるまでの一時的な開放感というのが非常に残念です。

法政跡地(交差点側)
(クリックで拡大)

法政跡地内側
(クリックで拡大)

それにしても、西側といい、今度の北側といい、防音壁をさっさと撤去しての解体工事は一体何なんでしょう? C校舎は法政通りにも女子大通りにも非常に近いので、両者の交差点周辺の住民の方にすれば、騒音は相当なものと思われます。少しでも騒音被害を軽減するつもりがあるなら、こんなに早い防音壁撤去はあり得ないと思うのですが…

先日、また長谷工より次回説明会の案内状が投函されていましたが、そのタイトルがこれまでの「説明会開催のご案内」から「協議会開催のご案内」に一方的に変わっていました。元々、説明会は市の紛争予防条例に基づいて行われていたものであり、現在まで住民側が要望している事項に対して満足がいく説明は行われていません。その中で、一方的に「プライバシー等に関する協議」を行うと称して「説明会」を「協議会」に変更するというのは、「近隣住民に対するこれ以上の説明は一切行わず、計画は一方的に進める。プライバシー対策に係る工事等についてだけ、個別の住民との協議には応じてやる」という宣戦布告でしょうか。紛争予防条例に基づく斡旋・調停への移行も含めて、また一悶着ありそうな気配です。

さて、本日が今年最後のエントリになると思いますので、最近、大量在庫を抱えて自壊へ向かうマンション業界についてのニュース増加の動きをご紹介して、来年のマンション業界崩壊を祈念したいと思います。マンション業界の方々にとっては、今が自省して計画を縮小する最後のチャンスですよ。

先ずは、週刊東洋経済12月22日号の「中堅業者が破綻 ブーム終焉のマンション市況」から。この記事は、雑誌に掲載されたのと同じ内容が、上記リンクから読めます。是非ご一読下さい。事件自体は、横浜の中堅業者・グレイスが実質倒産したというもので、まあ良くある話と言えばその通りです。にも関わらず、わざわざ記事にされているのは、この倒産劇が「販売価格の高騰による需要の冷え込み」を背景として「マンション市況の減速感が際立つようになった」ことや、「かつてない長期のブームが、主力購買層である団塊ジュニアの需要を先食いした可能性が高い」ことなど、単なる一業者の個別要因ではなく「マンション販売は長きにわたる空前のブームが終焉。業界は淘汰のとば口に立っている」との見方が強いことによるものでしょう。それでも、立ち止まって自省することができないのが、マンション業界のマンション業界たる所以なのですが…。

また、少し前ですが12月14日付の日経産業新聞の「マンション価格 戸建てに接近」という記事では、「マンションデベロッパー各社が郊外で演じた用地取得合戦」でコスト増となり、「結果的に一戸建ての価格水準に並んでしま」い「一戸建ての供給量の多い郊外では、マンションは苦境に立たされ」ていると分析されています。更に、「冷え込む市況にゼネコンが見切りを付ける動きも出始め」、「マンション市場から離脱しようと準備に入ったゼネコンもある」ことが紹介されています。因みに、この記事の最後は「1994年から続いたマンションブーム。その終焉は今、確実に近づいている。マンションデベロッパーを始め、その恩恵に浴してきた関連企業も今、着実に試練に立たされようとしている」と結ばれています。奇しくも、二つの記事には「終焉」というキーワードが共通して登場しています。宴はもう終わりました。今一度、現実を見つめ直すことが業界関係者には必要だとの警鐘が鳴らされているようです。

最後は、「“新築で1000万円引き”も夢じゃない! 高騰するマンションの『在庫一掃セール』始まる」という刺激的な見出しの記事のご紹介で終わりたいと思います。

記事自体は、「新築マンションが売れていない」こと、その原因が「購入者の所得が上昇していない」中で「用地価格や資材価格の高騰をもろに販売価格に転嫁したことによる失敗」にあることを指摘。結果として、「積みあがった在庫の『一掃セール』が、2007年度の期末に向けて始まるだろう」と予測しています。煽動的なタイトルの割には、至極もっともな内容の記事です。

しかし、この在庫の積み上がりは着実に進行しています。実名は出せませんが、既に販売不振で約3分の1を賃貸に切り替えて無理矢理完売を装った中堅マンションデベロッパーのケースや、某商社が某マンション専業ゼネコン(あれ?)施工物件の完成在庫を一括して再販業者に大幅に割り引いてしまったケースなど、悲惨な話がそこかしこにごろごろしています。このような状況下でも、大量にマンション用地を買い漁ったツケとして、来年以降も次々とマンションが竣工していく。そして、原価は上昇する一方で、販売価格には転嫁できず。結論は、言うまでもないでしょう。

来年こそ、地域環境を無視するマンション事業者達にとって”不”幸多い年でありますように。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

マンション値引き情報

http://jindai570.blog88.fc2.com/?no=1

いよいよ、H20年3月に竣工ですね。

  • 2008/01/08(火) 19:04:13 |
  • URL |
  • 広末さん、そろそろ値引きですか? #xPy6jVsQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/94-b9267e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。