吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回長谷工説明会

28日の日曜日、長谷工による新築建物についての説明会が約2ヶ月振りに開催されました。今回は、いつもの遠藤課長、中村氏、垂水氏(四季アーバン)のお三方に加えて、長谷工の青木開発推進4部長が初めて説明会に姿を見せました。

以前にもご報告させていただいた通り、この間の中断は武蔵野市の突然の地区計画案変更(高さ限度を25→24mに、隣地・道路境界からの離隔距離を一律4→6mにそれぞれ変更)に対応するためのものと説明されており、住民側からの建物に対する要望事項に対する回答は、ずっと放置されたままでした。漸く新築に関する説明会が再開されるということで、この点についての回答があるものと期待していたのですが、結果としては全く期待はずれな内容でした。

建物の変更点については、変更された地区計画の高さ限度に抵触しないよう高さを引き下げたこと(24.98→23.99m)、離隔距離を確保したために東側の出部屋を取り去り、北側部分が一部後退したこと、の2点だけと言って過言ではありません(下図の緑色の部分が削減された部分)。一応、この変更に伴って、延べ床面積が22,362.76平米(△668平米)、容積対象床面積が17,274.59平米(△166.45平米)に減少しており、総戸数も208戸と(1戸だけですが)減少しています。

変更案
(クリックで拡大)

しかし、住民が最も強く要請していた、(中庭削減や建物全体を西側にシフトすることによる)東側離隔距離の拡大や、駐車場の全部地下化については、全て無視されました。また、以前に住民側から文書で渡した要望事項に対する回答も、一切行われませんでした。一体、この内容で何を2ヶ月検討していたのでしょう?

一応、長谷工側の主張も伝えますと、要望のあった東側家屋と隣接する平面駐車場の公開空地化や受水槽の移動を行い、隣接住民への配慮も行っているという設計変更も見受けられます(但し、この程度の設計変更は譲歩代として最初から織り込まれていた可能性は否定できません)。

しかし、住民側からの最も強い要望事項である建物による圧迫感を軽減するため、高さを下げられなくとも東側境界から少しでもセットバックして欲しいという要望事項に対しては、「検討した結果難しい」の一点張りで、全く聞く耳を持ちません。以前、建物をセットバックできない理由として、全体に西側に建物をシフトすると西側の日影規制に抵触する(下図の10mラインに2時間以上の日陰線が掛かってしまう)と説明していたことを指摘して、「建物の高さが下がった以上、日影規制に余裕が生じ、最低でもその分はずらせる筈」という住民側の指摘に対しても、「確認して次回説明会で回答する」と返答したのみでした。「検討」ではなく「確認」というところがポイントで、再検討する気はないという姿勢が見え見えです。

日影図
(クリックで拡大)

また、1戸だけとはいえ、販売戸数が減少して長谷工にも負担が生じているとお考えになる方もいらっしゃるかも知れませんが、削られた1戸というのは、変更前計画の西棟北側の住戸ですが、下図の通り他の住戸と比較して明らかに狭く、本当にこの住戸も販売する気があったのかと勘ぐりたくなる形状です(まさか、地区計画の変更も市との予定調和で、この住戸も削り代だったりして…)。

削減住戸
(クリックで拡大)

このような内容の変更案の説明ですから、住民側からは全く誠意が見られないという批判が相次ぎました。これに対しても、「誠意とばかり言われても困る」という態度に終始し、解体工事説明会では「誠意を持って対応するので違約条項の挿入には応じられない」の一点張りだったのとは180度正反対の態度です。長谷工の「誠意」というのは、見る角度で全く違うものになる、とても便利なもののようです。

あまりの長谷工の不誠実な態度に、「建築自体に反対する」という声まで上がっていました。話は、限りなく振り出しに戻ってしまうのでしょうか? 全ては長谷工の態度一つにかかっているように思えます。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

長谷工による高層マンション建設計画

近所の人に教えてもっらて、貴殿のブログを拝見致しました。全く同様のことが、ここ、さいたま市大宮区北袋町1丁目で起こっております。

計画
「(仮称)JVさいたま新都心計画新築工事」
構造:鉄筋コンクリ 地上15階 高さ48m
住宅数:433戸
建築主:総合地所、東京建物

向かいのお宅4件の東境界から、5mの位置に、高さ約50mの建物を平気で建てようとしています。今迄に約10回の話合いをしましたが、完全になめており、約30cmなら譲れるなどと、長谷工、開発推進4部中村は嘯いております。

また、情報等宜しく御願いします。(Ken)

  • 2007/12/08(土) 22:10:30 |
  • URL |
  • Ken #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/84-2d243ea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。