吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレームも本社直結で!!

今日は、ちょっと趣向を変えて、ちょっとした小ネタにお付き合い下さい(いつもヘビーな話題だけだと疲れてしまいますから)。

日経BP社の建設・不動産専門情報サイト「KEN-Platz」の中の「イエイリ建設ITラボ」というコーナーに、「全現場を本社直結の会議室に!長谷工がテレビ会議システムを本格導入」という記事が掲載されていました。

別に、私にとって長谷工なぞ、何をしようがどうなろうが知ったことではありません(この世から消えてなくなることについては別)が、これについてはちょっと興味を持ちました。

記事の内容については、長谷工自身のプレスリリースとほとんど同内容です。要は、現場も必要に応じて本社に集合して会議を行っていたため、移動に時間を取られていたのを、テレビ会議システムを導入することで現場に居ながらにして会議を行うことが可能になったというものです。8月中には首都圏の全現場に導入予定とされていましたから、今後、法政跡地の現場にも導入されることになる筈です。

テレビ会議
(クリックで拡大)

それがどうしたと思われるかも知れませんが、これ、今後の工事における住民側のクレームツールとして活用できませんかね? 工事で違反や尋常じゃない騒音・振動を引き起こしたら、すぐに現場事務所に駆け込み、本社に接続させる。そして、徹底的な抗議を行うことで、協定書を遵守させる。工事の中断についての判断も、すぐに本社を呼び出し、即断即決させる。せっかくのシステム、活用してもらわないと損ですもの。

宜しくお願いしますよ、長谷工さん。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/75-88cb2bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。