吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深大寺レジデンス

まだ法政跡地問題の経緯もすべてご説明していないのに、他のことを書くのも何なのですが、マンション紛争が各地で頻発している現状に鑑みて、他の物件についても適宜コメントしたいと思います。自分が被害に遭わなければ関係ないというスタンスではなく、マンション問題自体に対する関心を高めてもらいたいということで、個人的に「これはひどい」と思った事例をご紹介していきたいと思います。

記念すべきトップバッターは、法政跡地と同じく最低マンション専業ゼネコン・長谷工が実質的に仕切っている「深大寺レジデンス」です。今朝の日経朝刊(多分他の全国紙にも)にイメージキャラクター・広末涼子の写真とともに一面広告がどーんと掲載されていましたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。私はほとんどテレビを見ないので実際に見たことはありませんが、TVCMも流れているようですね。

この物件については以前から知っていましたが、それにしてもひどいですね。公式サイトには「美しい東京」だの「環境邸宅都市」だの、今イチ意味不明な美辞麗句が並んでますが、それらはすべて敷地内の話です。外観を見れば一目瞭然ですが、周辺環境への配慮など微塵も感じられません。周辺環境の良さを最大限にアピールしながら、その良好な周辺環境を自らの存在で完膚なきまでに破壊する、マンションデベロッパーの常套手段の典型がここにあります。

深大寺レジデンス全景
(クリックして拡大)

さて、この物件には法政跡地と非常に良く似た履歴があります。それは、この敷地が明治大学野球部のグラウンド跡地で、大学側が自らの都合で移転後のことなど全く考えずに悪徳業者に土地を売却してしまい、このような周辺環境を無視したマンションが建設されるという点です。全く、どいつもこいつも教育機関の風上にもおけない連中ばかりです。非課税の恩恵など、地域から多大なメリットをもらっておきながら、恩を仇で返すようなことばかりです。島岡御大も草葉の陰からお嘆きになっておられることでしょう。

もっとも、明治大学側には少しでも高値で売らないといけない事情もありそうです。法政大学と東京女子大学で以前に見た帰属収支差額比率を明治大学についても計算してみると、2005年度は5.8%と私学全体の平均を下回っています。つまり、明治大学は長年お世話になった地域住民に迷惑をかけてでも土地を高値で売らないといけない程、経営状態の悪い大学だと自らの行動で主張しているようですね。

この「深大寺レジデンス」の公式サイトを見ていたら、何かの冗談か、はたまた周辺住民の怒りを買うためにわざと書いているのかと思うような記述がありましたので、ちょっと転載します。

「美しい記憶を継承する、閑静な学園都市の一角に。

小学校・中学校に囲まれ、ミッションスクールも隣接したまさに学園都市の一角に『深大寺レジデンス』は誕生します。多くの教育施設が集積するということは、健やかで伸び伸びとした環境の一つの証でもあり、現地周辺も落ち着きある住宅地が形成されています。また、現地そのものは、明治大学野球部グラウンドとして、40余年の永きに渡り、地元の方々や関係者をはじめとする多くの人々に親しまれてきた場所。ただ単に広大な土地であるという以上に、美しい記憶というかけがえのない資産があります。『深大寺レジデンス』は、この土地だけに息づく美しい記憶と多くの人々の愛着を大切にし、次代へと継承することを一つの使命として担うプロジェクト。敷地内には明治大学野球部のOBの方々などのモニュメントの設置も予定してます。」



よくこんな空々しいこと平気で書けると思いませんか? 誰がこんなマンションに使命を託したのでしょう? もう、根本から感覚が麻痺しているとしか思えません。こんなことを長々と書くくらいなら、4月に25mの高さ規制条例が発効して竣工した時から既存不適格物件になる予定であることを大々的に注意喚起すべきでしょう。それが購入者のことを考えた態度ってものじゃないでしょうか?

という訳で、今後もモラルの欠落したマンション開発を適宜糾弾していきます。法政跡地問題は、週末には直近までの動きをフォローしたいと思いますので、もう少しお待ち下さい。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

明治大学の野球グラウンド・・

http://www.dai3.co.jp/rbayakyu/times/news219.htm

地元では「明大グラウンド」と呼ばれ、正門には、往年の野球ファンもそう親しみを込めて呼んでいたという「島岡球場」と墨文字で書かれた看板が掛かっている。このグラウンドが今年限りで姿を消すという。
聞くところによると、この土地は元々は島岡御大(昔のファンは彼をこう呼んでいた)の所有であったのを明治大学に寄贈としたといわれている。このグラウンドが2年後には超大型マンションに姿を変える。
http://mm39.at.infoseek.co.jp/meisho.html

見慣れた景色。野球部の掛け声。すきだったのにもう聞けない・・・はぁ。
http://www.j-tennis.com/chofubbs/free/free.cgi?mode=read&no=3126

都市計画法上、「開発行為」に該当せず、開発許可が不要であるとする判断は、現実には、開発許可を受けることなく建築に進むことができることを意味するため、開発許可に関する判断と同様に重要なものである。その重要性にかんがみ、実施機関は、開発許可を要するか否かに係る判断の根拠、経緯等についても、十分な説明責任を果たすよう要望する。

  • 2007/03/17(土) 22:21:40 |
  • URL |
  • さよなら「島岡球場」 #xPy6jVsQ
  • [ 編集]

高級マンションに対する嫉妬

ただの暇人だな

何が楽しいのか

  • 2010/11/13(土) 16:44:14 |
  • URL |
  • あ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/6-b1e9c731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。