吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地区計画原案説明会

本日、武蔵野市主催による地区計画原案の説明会が行われました。原案の概要については以前のエントリ「地区計画原案の縦覧と説明会」でもご紹介しておりますので、ここではそこから変更になった点のみご紹介いたしますと、

(1)高さ制限について、法政跡地東側敷地(本校舎)部分のみ25mで、後は全て15mとなった。
高さの最高限度
(クリックで拡大)
(2)壁面の位置の制限が、15mまでは敷地境界線から一律4mセットバック、道路境界線のみ15mを越える部分は10mセットバックだったが、これに隣地境界線も15m超の部分に6mセットバックが追加された。
壁面位置
(クリックで拡大)



の2点です。この他、2日付のエントリでご紹介した通り、マンションの外観シミュレーションCGに誤りがあったことが、お詫びと共に報告されました。市側の説明では、CGを作成するに際しての数値の入力ミスとのことですが、具体的な訂正内容は、

・西側の空地が3m狭かった(道路から建物が3m後退する)。
・建物が南側に10m(3スパン分)短かった(建物が南側に延びる)。
・東側の空地が5m広かった(隣地に建物が5m接近する)。
戸数チェック図
(クリックで拡大)



と、お粗末な限りです(上図は協議会の方が作成したもので、市側からは口頭以外にこうした明確な説明はありませんでした)。しかし、静止画はどの方向からのものも配布されましたが、動画は修正後が有利になる西側(法政通り側)のみが紹介されるという、あまりにも見え見えの隠蔽工作をいきなり炸裂させました。しかも、「他の方向からの動画はないのか?」という市民の声に対して、「前回も見せなかったし今回も用意していない」という無責任な回答を返しました(これが嘘であることは、すぐに質疑応答でバレます)。

市側の説明に続いての質疑応答は、多岐に渡りました。主には、この後ご紹介する25mの根拠についての市の説明が意味不明であるという声、間違いだらけのシミュレーション結果を提示されたことに対する非難の声が中心でしたが、市側は「ご意見として承っておきます」と言ったきり回答なしだったり、特に回答もせず次の質問者を指すなど、住民側の質問に真摯に答えようとする姿勢はほとんど感じられませんでした。その中でも、特に印象に残った遣り取りをいくつかご紹介します。

(住民)25mの根拠を教えて欲しい。
(市側)60/200の法政跡地に共同住宅を建てた場合、市のシミュレーションによれば、容積率を消化できるプランが8階建て(25m)だった。
(住民)容積率が満たせなければ財産権の侵害などとは長谷工ですら言っておらず、容積率云々は市しか言っていない。国立訴訟の最高裁判決でも高さ制限条例の有効性は確定している。
(市側)回答なし。

(住民)なぜ法政跡地のみ25mなのか。
(市側)所有者(長谷工)の一定の理解が必要不可欠であり、市側の(前述のシミュレーション等の)根拠を基に地権者に当たっていった結果。
(住民)武蔵野美大は当初より地区計画に同意しており、15m案に賛成するのは当たり前。市のやり方は特定の業者に利益を与えており、いわば「ごね得」である。
邑上市長法政跡地以外は全て15mとされており、規制を強化したと理解して欲しい。また、地区計画策定時点で現に建築計画を有している者(長谷工)の容積率は保護すべきと考えた。国立の例は、長年景観を保護してきた結果。にもかかわらず建物は建ってしまい、私はあれは良い例だとは思っていない。

(住民)シミュレーションの動画が用意できないと言うが、市に行った際にパソコンで自由に動かせた。その結果、建物が長谷工の計画と相違していることに(住民が)気付いたのであり、気付かなければそのまま嘘をつき通したのではないか。
(市側)回答なし。

(住民)世田谷区をはじめとして、住環境を保護するために地区計画を策定している自治体で、高さ制限が25mなどというところはどこにもない(10~15mが中心)。世田谷区に問い合わせたところ、住環境を保全するためには容積率だけでなく、建物のボリュームを抑えることが必要だとの回答だった。
(市側)回答なし。

(住民)意見書を25日まで募集しているが、都市計画審議会は11日に開催される。本当に意見書を提出しても、都市計画審議会に意見書は紹介されるのか。
(市側)11日は中間審議であり、付議段階ではない。特に問題はないと考える。



なんか「回答なし」ばっかりになってしまいましたが、要は肝心なところは一切説明なく、「市の原案にご理解をいただきたい」で終わりでした。邑上市長の発言も「何だかな~」という感じです。もう少し建前でもいいから、市民への配慮はないものでしょうか? この方の政治家としての資質を、大いに疑ってしまいます。おざなりな説明会は、最後も質問者が多数手を挙げていたにもかかわらず、「お時間ですので」と一方的に市側が閉会を宣言してしまいました。これなら、「説明会は何回でも開く」と(一応)言っている長谷工の方がまだマシです(一応ほめ言葉ですから、良く肝に銘じといて下さいよ、長谷工さん)。

前にも書きましたが、市の原案に対しては意見書を提出することができます。皆さん、是非貴重な機会ですので市民の声をぶつけましょう。因みに、以下は質問が出なかった事項で、私が個人的に疑問に感じた点です。皆さんの質問事項に付け加えて下さって結構ですので、有効にご活用下さい。また、これ以外にも皆さんで共有したい意見等お持ちの方は、是非コメントを残していって下さい。管理人宛のメールでも結構です。

<管理人の疑問(公開質問)>
(1)地区計画で公園設置を明記しているが、用地取得できなかったら(長谷工は「前向きに検討する」としか言っていない)地区計画の扱いはどうなるのか。
(2)高さ15m超の部分のセットバックだが、道路境界線からは10mあるのに、より被害の深刻な隣地境界線からは6mしかセットバックしないのは矛盾している。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

邑上市長は『建設族』か

Hosei.Taroさんのブログは、いつもとても勉強になります。ありがとうございます。
市およびハセコーの仕事のずさんさ加減、情報偽装振りは、頭に来る前に呆れて脱力しちゃう程ですね。
私のブログでも4日・5日の記事を紹介させて頂き、リンクも張らせて頂きました。
『見せかけだけの市民参加 ~武蔵野市の情報隠蔽体質~』
http://kirei79uki.seesaa.net/article/47014722.html
です。
邑上市長は、市政に於いて良い仕事もいくつかなさっておられるのですが、『建設』部門では大いなる“困ったちゃんv-8”ですね。他部門での “お手柄” が、すっかり消し飛んでしまう程に・・・v-36

  • 2007/07/07(土) 14:34:26 |
  • URL |
  • 一寸法師 #/3WEEAIQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/59-fdb193d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。