吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回住民集会

6月10日のエントリでもお伝えした通り、本日法政跡地問題についての住民集会が開催されました。内容としては、前回(3月26日)以降の動きについてと、いよいよ住民側の前に姿を見せ始めた長谷工とどう対峙していくかという、主にこの2点についての話し合いが行われました。

1点目の経緯説明については、既にこれまでのエントリでご紹介してきた内容がほとんどですので、いくつか印象に残った点、新たに判明した点のみご紹介させていただきますと、

○5月21日に、邑上市長協議会の松本代表の話し合いが行われた際、「市の素案について長谷工の理解を得られた。この話は、私(邑上市長)と助役しか知らない」という話があったにもかかわらず、すぐに新聞に記事が掲載された(協議会の松本代表の挨拶より)。

○法政が近隣住民を招いて4、5月にも開催すると言っていた「お別れの会」は、「学校の都合で7月20日(一学期終了)後とさせて欲しい。但し、法政を批判する横断幕をはずして欲しい」との申し入れがあった。「横断幕ははずせない。お別れの会ではなく、説明会かお詫びの会として欲しい」と返答したところ、後日、会は中止するとの連絡があった(跡地の会の中嶋代表の挨拶より)。

○6月3日に長谷工協議会の会合が行われた際、(1)25m案をやむを得ず受け入れる、(2)西側敷地の市への譲渡を前向きに検討する、(3)10月まで着工は見送る、(4)市の動きとは別に建築計画は長谷工独自に進めていく、(5)6月14日にも建築計画の標識を掲示し、6月中旬にも2Hの範囲内の住民に個別説明を行いたい、との発言あり。個別説明ではなく、説明会の開催を要求したところ、6月7日に個別説明はせず2Hの範囲の住民(110戸+α)を対象とした長谷工主催の説明会を開催する。なお、標識は住民集会後の18日にでも掲示するとの連絡あり(同・中嶋代表の挨拶より)。



といったところです。長谷工主導で話が急いで進められていくことに対する懸念の声が多数あがりました。また、個別説明を拒否し、「挨拶は受けても個別説明は受けない」という基本方針が確認されました。

また、長谷工は、説明の対象は2H(市の原案によれば敷地から50m)の範囲内の住民に限定するということに非常に固執しており、協議会、跡地の会が相手では説明会を開催しないという態度を崩さないことから、「2Hの会(仮称)」を立ち上げて、協議会の方たちはそのアドバイザー的な立場で協力していくことも、今後の方針として示されました。

また、協議会の方から建築計画では地下1階建てとなることから、搬出される土砂だけでも1万8千~2万立方メートル(4tトラックで8千~1万台相当)に上り、これに解体工事に伴う廃材の運び出しなども含めると、周辺道路への影響は多大なものとなるとの懸念が示され、これに同調する声、通学路への影響(現在、法政通りが通学路となっている)を懸念する声なども上がりました。このように、影響は決して2Hの範囲内に止まるものではないのですが、条例(武蔵野市中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例第2条第1号)で関係住民とされているのが基本的にこの2Hの範囲内だけですので、2Hの会での交渉を基本としつつ、関係諸団体との連絡も密にして対処していくという方針が確認されました。

なお、現在市議会に対する地区計画早期制定に係る陳情がなされており、この議題が6月20日の建設委員会で議論されるとのことです。やすえ清治議員(建設委員会委員長)によれば、委員会の議論を傍聴して欲しいということですので、お時間のある方は是非行ってみて下さい。本ブログでも、後日議事録で検討内容はチェックさせていただきます。

最後に、質疑応答の中で、東側の法政跡地に隣接する住民の方からのご意見が、何とも市の住民不在振りを象徴していましたので、ご紹介させていただきます。

市のHPから「市長への手紙」が送れるので、意見を送った。その中で、地価の下落を懸念する旨を訴えたが、それに対する回答が「固定資産税評価額は下がりません。一方、取引価格は下がるかも知れませんが、それがマンション建築によるものだと説明することはできないのではないでしょうか。」というものだった。



この言葉に、市の態度が集約化されていると感じるのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/54-83e6e9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。