吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長の活動日誌(三鷹ツインタワー編)

三鷹ツインタワー建築の件について、武蔵野市のHP内にある市長の活動日誌に関連する記述がありましたのでご紹介させていただきます。

4月27日(金)「市民と市長のタウンミーティング(西久保コミュニティセンター)」
タウンミーティングも今日が11回目。今年中にすべてのコミュニティセンターで開催することができそうです。今日は,三鷹駅前の超高層ビル建設計画が話題の中心となり,超高層ビルの建設に対して心配や反対する意見が出されました。既に,正式な事前協議の段階にあり,法律や市の方針などに照らして協議中です。市としては,開発にあたり,緑が多いという三鷹北口の特徴をいかし,まちづくりや環境に配慮するよう強く要請していますが,高さについては,三鷹駅前の商業地域の中心であり,一定の高さは認めざるをえないと考えています(後略)。

5月15日(火)「納税キャンペーン」
(前略)三鷹駅北口の開発計画に関する,地域の皆さんとの懇談会を開催しました。これは,先日開催された西久保コミュニティセンターでの市民と市長のタウンミーティングで要望を受けて,急きょ開催したものです。最初に,タウンミーティングでいただいた意見に対する,市長としての考えを話し,その後参加者の皆さんから意見,質疑を受けるという方法で進行しました。参加者からは,建物の高さに対する心配が多くあげられました。また,超高層ビルに対する防災上の不安も指摘されています。今後,地域住民と開発業者との調整協議のあっせんや,議会で陳情の審議が行われる予定です。市としては,まちづくりの方針と法制度にかなった開発は容認していく考えですが,安全性,防災性への配慮は当然のこととして,環境面,景観形成を含めて,三鷹駅前の新たなまちづくりに寄与するよう,強く指導していく予定です。ご不明な点や,まちづくりに対するご意見は,市へお寄せください。

5月20日(日)「市民と市長のタウンミーティング(関前コミュニティセンター)」
(前略)午後からは,関前コミュニティセンターにおいて第12回市民と市長のタウンミーティングを開催しました(中略)。三鷹駅北口の超高層ビル開発については,まちづくりの視点で賛同する意見が数件出されていました(後略)。



その場にいた訳ではありませんので、確定的なことは何も申し上げる立場にはありませんが、最後の「まちづくりの視点で賛同する意見が数件出されてい」たという行(くだり)はどうなんですかね。あんな計画に賛成する人が早々いるとは思えないのですが… まさか、また業者の回し者ですか? まあ、余計な詮索は止めましょう。本気で、三鷹駅前には100m超のツインタワーが望ましいと考えておられるのかも知れませんし、もっといかがわしい建物が建つよりはマシという、次善の策としての発言かも知れませんしね(市長の文章からはそうは読み取れませんが)。

なお、法政跡地問題について、地区計画案に基づく条例制定の件については、この間も完全に無視されています。最早、条例化すら怪しいのではないかと思えてなりません。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/47-cc9ef41e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。