吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションデベロッパーのモラル

いつもながらに、法政跡地問題には何ら進展が見られません。本当に地区計画の6月条例化は間に合うのでしょうか? 間に合わないということにでもなれば、6月条例化を明言していた邑上市長の責任問題に発展して、また議論が宙に浮くこと必至なのですが… とにかく、長谷工の暴挙を少しでも阻止できる条例の早期制定を願って止みません。

話は変わりますが、武蔵野市内は市議会選挙のまっただ中です。何回かにわたり、市議会での法政跡地問題の討議内容をお伝えしましたが、これ以外にも皆さんが関心をお持ちの事柄について、それぞれの議員がどのような発言をしているのかが議事録を見ることではっきりと分かります。武蔵野市に限らず、地方議会選挙等がある方は、是非問題意識を持って投票することをお勧めします。それが、長谷工のような悪徳事業者の付け入るスキをなくしていく最善の道だと思いますので。

さて、今日はマンションデベロッパーモラルが如何に欠落しているかという事例をご紹介させていただきます。旧聞に属する話が多く、既にご存知の方も多いと思いますが、ご容赦下さい。

NBLという法律専門雑誌の3月15日号に、「花火観望侵害・損害賠償請求事件(東京地判平成18.12.8)」という事件の判決に対する論説が掲載されています(判決文は判例検索システム未登載ですので、ご興味のある方は図書館等で当該記事をご覧下さい)。12月9日付の朝刊各紙で紹介されましたのでご存知の方も多いと思いますが、12月8日に毎日MSNで配信された記事(現在はリンク切れ)によると、事件の大宗は以下の通りです(《》内の固有名詞は当方で補足)。

隅田川花火訴訟:観賞妨げた分譲会社に賠償命令 東京地裁

 東京・浅草のマンションを購入した夫妻が「隣にマンションを建てられ隅田川花火大会が見られなくなった」として、両マンションを分譲した千代田区の会社《ゴールドクレスト》に約350万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁は8日、66万円の支払いを命じた。水野邦夫裁判官は判決で「夫妻は取引先の接待用に改造工事までしたのに、1年もたたずに眺望を妨げられ精神的苦痛を受けた」と述べた。

 判決によると、夫妻は03年10月、台東区内のマンション《クレストフォルム浅草グランステージ》1室を同社から購入。同社は隅田川花火大会の写真をパンフレットに載せて宣伝し、夫妻の1室も花火観賞ができる位置だった。だが同社は04年5月、マンションの隣に別のマンション《クレストフォルム浅草ブライトコート》を着工、05年2月には隅田川が見えなくなった。

 水野裁判官は「室内で人気の花火大会を観賞できるのは接待として少なからぬ価値がある」と指摘。「花火大会を室内から観賞できる利益は、常に法的に保護すべきだとは言えないが、信義則上の配慮義務がある売り主の会社自身が眺望を妨げた特殊な事案」として慰謝料を認めた。



ゴールドクレストといえば、強引な販売手法で大変評判の悪い会社で、判決文でも「Y《ゴールドクレスト》においては、本件マンションの北東向きの部屋を購入したものの多くが隅田川花火大会の花火の観望という価値を重視してこれを購入したという事実を知り、あるいは知り得る状況にあったにもかかわらず、……これに対する十分な配慮をした形跡はうかがえず、わずか1年も経ずにその観望を妨げるマンションの工事に自ら着手しているのであり、その後……十分に誠意を尽くした対応をしたとまではいえないと認められる」と断罪されています(《》は当方にて補足)。

この事件をご紹介したのは、何もこの事件を知って欲しいということではなく、このような事例が頻発するマンション業者のモラルというのは一体どうなっているのかということを問いたいがためです。前掲の事件の判決文でも、「隅田川花火大会の花火を室内から鑑賞する利益といえども、本件のように売主自身がこれを妨げる行為をしたという特殊な事案を除き、いかなる場合にも法的に保護すべき利益とまではいえない」と断っており、あくまでも特殊な事件との認識です。しかし、実際には、眺望を売りにして分譲しながら、すぐその後に隣地に眺望を阻害するマンションを同一デベロッパーが建築・分譲するという事例が後を絶ちません。

具体例を挙げれば、以前のエントリ「長谷工と法政跡地とアスベスト」でもご紹介した、長谷工分譲によるマーキスシティ(先行分譲)とビー・サイト(後から眺望を妨げて建築)があります。マンション掲示板では、「マーキスの14階南側かなり売れ残っていたけど、最後の追い込みで、眺望体験うんだらなんだとかで、眺望を売りに営業してたけど、腹の中では、【うれれば、後の事はしらんしらん】だっただろ!」と指摘されています。

この他、前掲のNBLの論説の中でも多数の訴訟事例が紹介されており、売主原因型として紹介されているものだけでも、二条城事件、札幌高層マンション事件などがあります。二条城事件の方は、二条城が望めると勧奨して販売した部屋が、実際には隣接するビルに妨げられてほとんど見えなかったというものであり、やや異なる事案ですが、札幌高層マンション事件の方は、前掲の事案とほとんど瓜二つです。

事件の概要については、こちらの近傍にマンション建設、「眺望」侵害裁判の行方に詳しく紹介されていますが、要は住友不動産が、札幌市内で「大通シティハウス」(15階建て)を販売後、1年も経たずに南側に「シティハウス大通東」(15階建て)という別のマンションを建設したことが信義則違反であると判断されたものです。前述の記事の中でも、やはり「どちらも売り主が住友不動産という特殊なケースであった」と書かれていますが、ずいぶん「特殊なケース」が多いですね。

この他にも、近鉄不動産が大阪市浪速区湊町で分譲した「ローレルコート難波」と「ローレルタワー難波」(事件の概要はこちら。「パンフレットには良い情報しか載せないもの。適法な建築物なので問題ない」というコメントは必見)、地行が福岡市博多区で分譲した「アクロス博多セントラルパーク」と「グラン博多レジェンド」(経緯はこちら)など、訴訟沙汰になっている事案がたくさん出てきます。共通しているのは、「どうせ客は一見さんだから、後はどうなろうが知ったことではない」という身勝手な姿勢が見え見えなことで、自分の顧客に対してでさえこの姿勢なのですから、周辺住民のことなどどうでもいいと考えるのももっともな話です。

一体彼らにモラルというものは少しでもあるのでしょうか。どうせ、「我々がやらなくても他社がやる(から結局一緒)」とでも強弁するのでしょうが、全ての発想がこの調子で貫かれていることが問題なのです。勿論、きちんとモラルを持って分譲事業を手掛けているデベロッパーがいることも承知していますが、これらの悪徳業者が全てを台無しにしています。彼らに自浄作用など期待できません。法的にモラルの欠如を弾劾できるようになるまで、被害の再生産が延々と続くことでしょう。一刻も早い行政側の対応を期待して止みません。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

小石川ガーデンヒルズ建設断念

http://sengokusf.hp.infoseek.co.jp/


構造計算書偽造マンションを販売した住友不動産に住民が代金返還請求
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/mansion/20070412/506732/

マンション2棟は、浅沼良一・元二級建築士が構造計算を手がけていた。同元建築士がかかわったマンションで、住民が提訴したのは初めて。
訴状によると、中央区のマンションは、日本ERIが03年3月に建築確認検査済み証を発行して、同年5月に耐震等級1の設計住宅性能評価書を交付した。住友不動産が住民らに示した販売用パンフレットには「新耐震基準に基づく安心設計」と記載していた。また、売買契約を締結する際の重要事項説明では、住宅性能評価を受けた新築住宅であると説明していた。
耐震基準を満たさないことが判明したのは06年5月。札幌市の調査で、構造計算書が偽造されていたことと、1階短辺方向の保有水平耐力比が 0.86と基準を下回っていることが分かった。その後、住友不動産は住民に対して耐震基準を満たす補修工事を実施することを提案した。
住民らは、補修工事で構造耐力が基準値以上になったとしても、資産価値は下がると主張。住友不動産が販売用パンフレットに虚偽の記載をしたことなどが、消費者契約法違反の不実告知に当たるとして、11世帯の住民14人が売買契約の取り消しと売買代金など約4億1000万円の支払いを求めている。

  • 2007/05/16(水) 09:07:29 |
  • URL |
  • 札幌耐震強度偽装事件 #xPy6jVsQ
  • [ 編集]

福岡住環境を守る会

マンション建設反対運動に対する違法な牽制に対する申し入れ
http://blog.goo.ne.jp/adachinosennin/

  • 2007/12/27(木) 21:59:43 |
  • URL |
  • 購入者への警告看板意義あり #xPy6jVsQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/36-848c110f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。