吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市議会における法政跡地問題討議経緯について(1)

法政跡地問題について色々と調べていくうちに、どうもこの問題には途中において様々なボタンの掛け違いが存在しており、結果としてそのツケを周辺住民が負う羽目になりつつあるのではないかという疑念を持ったことは、前のエントリでも書きました。今回は、市議会における法政跡地問題の討議内容を検証することで、その点に迫ってみたいと思います。

武蔵野市のHPでは、市議会の議事録を閲覧することができます。このページは、単に閲覧するだけでなく、任意の単語で検索ができますので、ここでは「法政」、「長谷工」などの単語で検索を行い、必要な箇所を閲覧すれば良い訳です。便利な世の中になったものだと、しみじみ実感します。

さて、議事録に法政跡地問題が初めて登場するのは、平成17年第3回定例会において、「法政大学第一中・高等学校(移転後の)記念講堂及びテニスコート(取得)に関する陳情」という2件の陳情が議題とされた時です。陳情の内容は以下の通りです(2件ともほぼ同一内容の陳情ですので、片方のみご紹介いたします)。

(陳受17第14号)
「法政大学第一中・高等学校移転後の記念講堂及びテニスコート取得に関する陳情」
(受理年月日)平成17年8月29日
(陳 情 者)吉祥寺東コミュニティ協議会
(陳情の要旨)
 吉祥寺東町3丁目所在の法政第一中・高等学校が、2年後には三鷹市内に完全に移転する予定と聞いております。現状において法政通りにより本校舎と分離されている吉祥寺東町1丁目側に所在する施設のうち、記念講堂とテニスコートを市で取得し、市民に開放してください。
 法政通りを挟む吉祥寺東町1丁目、3丁目及び法政通りの突き当たる女子大通り北の吉祥寺東町2丁目エリアは、第3中学校校庭を除けば、公園にも空き地にも恵まれません。今まで残っていた畑など、ある程度の広さがある空き地も急速な宅地化により減少の一途をたどっており、残り少ない貴重な空間であるこのテニスコートを確保していただきたいと願っております。
 また、記念講堂に関しては、吉祥寺駅から西荻窪駅行きの定期バスの停留所から20メートルほどで、アクセスのよい所にある施設です。使い方によっては現状の建物のままでも高い利用度が見込めます。
 テニスコートと記念講堂の2カ所をぜひとも取得し、市民に開放していただきたく、陳情いたします。



この陳情については、付託された総務委員会において討議され、その結果が平成17年第4回定例会において水野総務委員長より報告されています。その内容を第4回定例会の議事録から引用いたします(やや長いですが、この内容がその後の議論の流れに大きく影響しているように思えますので、本筋と関係の薄い質問の答え以外はそのまま引用します)。

「この間の主な質疑は次のとおりで、市長、担当部課長から答弁がありました。
1)市では、この移転問題をどのように受けとめているのか。
 答え、まちづくりの面で大きな障害にならないようにしなければと考えている。また、この部分に都市計画道路の計画があるので、それも含めて検討していかなければならないと考えている。
2)都市計画道路は、どこに、どのぐらいあるのか。
 答え、南北に3・4・13号線という幅員16メートルの道路が、また3・4・11号線、通称女子大通りにも幅員16メートル道路が都市計画道路として昭和37年に計画決定している。
3)移転後の土地がどうなるかについて、学校側から聞いているか。
 答え、今後、学校側の考えを聞いていきたい。また、まちづくりの観点から、特に優先的に話をしてほしいと伝えていきたい。
4)防災公園などの防災拠点とする考えはあるのか。
 答え、吉祥寺東町の地域は、非常に家屋が密集していて、オープンスペースを含めた防災拠点的なものも必要ではないかと考えている。
5)もし、市がこの土地を取得した場合に、記念講堂はそのまま使えるのか。
 答え、(略)。
6)本校舎が建っている土地を買うという考えはあるのか。
 答え、今後検討すべきと考えている。

結論を出しました平成17年12月12日の本委員会での主な質疑は次のとおりで、市長、助役、担当課長より答弁がありました。
1)公有地拡大法の手続について伺う。
 答え、(略)。
2)武蔵野市は、土地購入の申し込みを行うのか。もし購入する場合、利用計画をどう考えているのか。
 答え、できれば市としては確保したい。ぎりぎりまで協議は続けたいと考えているので、買い取り希望の申し出は行うつもりである。買い取った場合の跡地の利用は、女子大通りに面している部分は、公園、雨水対策の貯留施設等の下水道施設を考えている。
3)今後の交渉の中で、どこか1カ所だけでも確保する考えはあるのか。
 答え、3カ所、それぞれ買い取り希望の申し出を行う。また、法政大学の理事長には直接お会いをし、今までの学校としての公的な利用を武蔵野市として引き継ぎたい旨をお話しした。もし、一方で民間に渡ることがほぼ決まりそうであれば、きちんとしたまちづくりのルールを提示していきたい。
4)この場所の用途を変更することは可能か。
 答え、用途変更は不可能と考える。本市では、指導要綱をもとにまちづくりの必要性を訴え、任意的に指導していく形になる。
5)今後の市としての動きを伺う。
 答え、まずは、買い取りの申し出は行うつもりである。相手があることではあるが、その間にとり得る方策を提示していきたい。
6)三中のテニスコートについて、教育委員会としてどのように把握しているのか。
 答え、(略)。

以上で質疑を終わり、討論に入りました。討論者は2名で、いずれも賛成討論でした。
討論の趣旨を御紹介しますと、民間に太刀打ちするのは大変難しいことは承知しているが、市長が前向きなことや、地元の方の熱意もあり、購入に市としても努力していただきたく、賛成する、というものでした。
以上で討論を終わり、採決に入り(中略)、いずれも全会一致で、全体計画並びに財政勘案の上、善処されたいという意見をつけて採択すべきものと決しました。」



ご覧いただけばお分かりの通り、法政跡地を武蔵野市が取得するかどうかが議論の焦点となっており(市による跡地の取得に関する陳情ですから当たり前ですが)、市が取得した際にどのように利用するかが主に議論されています。この議論の流れは、この後の市議会においても「市による公有地の取得の是非」という問題として、再三にわたって議論されていくこととなります。特に、西側跡地(記念講堂、テニスコート部分)を取得して、防災の拠点として地下貯水槽を備えた公園としたいという、この後の市の基本的スタンスはこの時期に形成されたものと思われます。

ここに、先ずもってボタンの掛け違いがあったように思えてなりません。優先されるべきは吉祥寺東町の住環境の悪化防止にある筈なのに、市の施策に役立てたいという観点からの公有地取得の可否に力点が移ってしまい、更にそれが「出物があったから取り敢えず買っとく」という土屋前市長の政治手法とどこが違うのかという形で、邑上市長の政策攻撃にまで及んでしまいます。

勿論、結局長谷工が取得することとなって以降は、依然西側用地の取得問題はくすぶり続けるものの、校舎側の高層マンション建築阻止をどのように実現するかという議論も熱を帯びていきます。しかし、肝心の行政サイドが、前述した「西側用地取得による市政の課題(東町地域の防災拠点・地下貯水槽としての活用)解決」という基本方針を優先していくようになるのは、この時点で決定付けられたような気がします。もう少し何とかならなかったのかなと、今更ながらに思ってしまいます。

なお、用地の一部(具体的には西側跡地の西半分程度)が都市計画道路として計画決定済であることも報告されています。計画決定済である以上、この部分には建築制限がかかります。具体的には、武蔵野市の場合、「『都市計画道路・公園・緑地の区域内』における建築制限について」によると、近い将来事業化が見込まれていない都市計画施設区域内については、平成18年7月1日以降、木造等で階数3以下(地階を有しない)の建築物までに制限されていることが公表されています。つまり、都市計画道路部分にはそもそもマンションは建築できない(実際、長谷工が協議会に開示している図面ではこの部分は駐車場になっている)ので、西側跡地は長谷工にとって使い勝手の悪い土地な訳です。この西側跡地の取得を、校舎跡地に高層マンションを建てることの(実質的な)交換条件とすることは、長谷工側としてはむしろ好都合とも言えるのではないでしょうか。公用地取得に固執して、本来のまちづくりの観点から規制を行うことを躊躇してしまったのだとしたら、そのツケは非常に大きなものだったと言わざるを得ないでしょう。

都市計画道路


大変長くなってしまいました。次回は、平成17年第4回定例会以降の討議内容について検証していきます。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/22-1fa536b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。