吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は生コンが…

この暑い中、近隣住民の不快感を更にアップさせるべく、毎日長谷工は騒音と振動を撒き散らしながら、環境破壊に邁進しています。値段を大幅に引き下げなければ売れる当てもないだろうに、面子だけで工事を続ける様は滑稽と言うほかありません。それとも、未だ発表されていない共同事業者(=忠犬)から美味しい施工条件でも勝ち得たのでしょうか?

そんな中、また建設現場の危険を世間にアピールする事故が起きました。東京新聞の「生コン8トン歩道へ落下 芝浦工大 通行人に直撃、重傷」によれば、

 一日午後二時十五分ごろ、東京都港区芝浦三の芝浦工大で、建て替え工事中の校舎八階から大量の生コンクリートが歩道に落下し、通行人の男性会社員(39)を直撃した。男性は肋骨(ろっこつ)や腕、足の骨を折る重傷。
 警視庁三田署の調べなどによると、柱を造るために型枠に生コンを流し込んでいたところ、型枠のパネル(高さ約四・三メートル・幅約一・二メートル)が外れ、約三・五立方メートル(約八トン)分の生コンが流出。約三十二メートル下の道路に落下し、会社員に当たったほか、通行人十数人に飛散した。生コンは幅約十メートル、長さ約四十メートルの範囲に広がった。
 同署は業務上過失傷害に当たる可能性もあるとみて、工事をしていた戸田建設(東京都中央区)の作業員らから事情を聴いている。同社は「多大なご迷惑をお掛けしましたことを心からおわびします」とコメントした。



もう、工事現場の近くはリスクが高すぎて通ることもできません。この件については、当事者である芝浦工大戸田建設ともにプレスリリースを出して謝意を表明しています。どんな事故を起こしても知らぬ存ぜぬのどこかの会社とは大きな違いです。

この事故については、事故原因はまだ分かっていないようですが、おそらくコンクリート打設時に圧力を上げすぎて型枠を吹き飛ばしてしまったといった事故ではないでしょうか。何故なら、建設現場はどこでも工期短縮で長時間に亘る作業時間と余裕のない工程が日常茶飯事になっており、それが事故を誘発する原因となっているのは周知の事実ですから。長谷工も、建物のボリュームからすると短すぎるんじゃないの?と思われる工程を平気で組んでいますから、コンクリート打設時にも目一杯無理をするでしょう。このような事故にも注意が必要なようです。

この業界は、危険が伴うにも関わらず、どだい無理な工程を長時間労働でこなすという前近代的な体質が染みついています。そのツケを、労働者や周囲に一方的に回すのは、もう止めにして欲しいものです。こんな事故からも、そのようなことを感じずにはいられませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

ばれた!マンションや校舎に偽装・生コン…

噂の!東京マガジン
2008/08/24 13:00~2008/08/24 13:54(TBSテレビ)
http://kuzuhamisaki.blog31.fc2.com/?no=218

建築基準法第37条では、柱やはり等の構造耐力上主要な部分に用いるコンクリートは、JIS規格に適合するか、国土交通大臣の認定を受けたものでなければならないこととされていますが、今回問題となっている六会コンクリート(株)が出荷したレディーミクストコンクリートは、JIS製品として納入されたにもかかわらず、レディーミクストコンクリートのJIS規格(JIS A 5308)では使用が認められていない溶融スラグ骨材が用いられており、同規格に適合していないため、建築基準法第37条に違反しています。

  • 2008/08/25(月) 00:14:22 |
  • URL |
  • 六会コンクリート事件 #xPy6jVsQ
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/120-3bbe9db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。