吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市と市議会

前回までのエントリで、協議会主催の懇談会および市主催の説明会の様子をご報告しました。そこでは、基本的に私は市の素案を批判する立場でした(住民側ですから、住民側の期待に応えてくれなかったという事実に対する批判があるのは、当然と言えば当然です)。

しかし、私には以前から一つの疑問がありました。それは、「なぜ市議会はこの問題にもっと主体的に動かないのだろう」ということです。確かに、住民側の地区計画案は武蔵野市に対して提出しましたし、素案を検討してきたのも市(行政)です。しかし、上位団体である都との調整等、行政が担うべき仕事は多いとは言え、地区計画を最終的に条例化するのは市議会(立法)です。つまり、行政サイド(市長および市の職員)だけではこの問題は絶対に解決できないのです。極端な話、立法権独自で法案を成立させる「議員立法」という手段もあることから、住民側の批判が行政サイド(市長と市職員)に集中することに、多少の違和感を持っていました。

そんな疑問に対して一つの示唆を与えるサイトを見つけました。詳しい内容は、「吉祥寺☆武蔵野市はお好き??」をご一読いただきたいのですが、ここでの重要な指摘は「野党議員(市長反対派)の人数が、市長を支持する与党議員の人数よりも多い」という点です。具体的には、与党13名に対し、野党17名と与野党の逆転現象を指摘しています。民意を反映した公約を掲げて当選しながら、その後議会との関係がうまくいかずに埋没してしまった政治家としては、前長野県知事の田中康夫氏が有名ですが、ここ武蔵野市も同じ状況下にある可能性があるということです。

取り敢えずここでは、この与野党逆転現象が本当に地区計画案に影響を及ぼしているのかどうかについて、各市議会議員の本件に対する意見表明を通じて考察してみたいと思います。とは言え、私は市議会ウォッチャーを生業としている訳ではありませんので、全ての市議の方々の発言をフォローはできません。そこで、ブログ等での意見等を集めてみることにしました(発言等の参照先はリンクしておきますが、修正等がなされた時のために、必要な部分は転載しておきました)。

先ずは、与党サイドの13名から(敬称略、順序は議員番号順。名前の後の☆印は「議員提出議案第11号・法政大学第一中学校・高等学校移転に関する決議」の提出者。★印は建設委員会所属。また、カッコ内は所属会派、住所)。

7. 梶 雅子☆★(日本共産党武蔵野市議団、御殿山)…公式HPに議会ニュース号外として法政跡地問題が紹介されています。
8. 向谷 千鳥(日本共産党武蔵野市議団、西久保)…HPなし
9. 本間 まさよ(日本共産党武蔵野市議団、境南町)…HPなし
13. 桜井 和実★(会派に属さない議員、桜堤)…HPなし
14. 三宅 英子(むさしのリニューアル、吉祥寺北町)…ブログ内に「吉祥寺東町法政跡地問題」というカテゴリあり
昨年10/9の説明会出席報告が掲載されているのですが、その内容に対して協議会の方からクレームがついたようで、その経緯も掲載されています。なお、「高層マンション建設に反対し、住環境を守りたいという思いは同じ」と書かれており、基本的には反対のスタンスのようです。
15. 山本 ひとみ(会派に属さない議員、境南町)…ブログに度々法政跡地問題についての記載あり
1/6のエントリ「住民提案の吉祥寺東町地区計画?高さ制限15メートル? 早期制定を!」には、「武蔵野市が、住民の提案を尊重した地区計画を一刻も早く制定するよう、強く求めていきたいと思います」と書かれており、住民寄りのスタンスを明示しています。
16. 大野 まさき☆(むさしのリニューアル、吉祥寺南町)…公式HPの活動日記に度々法政跡地問題についての記載あり
最近では、1/23の「外環道路・法政跡地地区計画に関する動き」にて懇談会の様子を報告しています。
17. 松本 清治(民主・市民ネット、中町)…公式HPに記載なし
18. 砂川 なおみ(民主・市民ネット、関前)…公式HPに記載なし
19. 川名 ゆうじ★(民主・市民ネット、桜堤)…ブログに度々法政跡地問題についての記載あり
1/22のエントリ「市の素案に住民が反発」では、「この問題での交渉相手は、市ではなく長谷工であり、理不尽な売却を行っている法政大学の理事者です。住民と市がスクラムを組んで交渉しなくてはならないのに内部分裂していては力が発揮できません」との冷静な指摘が光ります。
また、1/29のエントリ「批判だけでなく協議が必要」では、市から議会への説明会の様子を、「内容は、懇談会と同じでしたが議員からの発言で『懇談会での発言は全員が反対だった。住民は反対なのだから考え直せ』としたのは一名のみ。あとはもっと分かりやすく説明すべき、と市の説明不足を指摘する議員が多く、市の案を否定するような発言はありませんでした」と伝えており、本人も同スタンスのようです。
更に、2/19のエントリ「議会の意見 職員の反発」では、2/13の市議会建設委員会の様子を、「助役は、話し合いは住民からの申し出が出る前から何回もやってきたが10日の事態になってしまった。冷静にできる場なのか判断できるのか。住民と地区計画をつくりたいと考えているがマナーを守って欲しい これでは住民参加は難しいと考えている、との答弁があ」ったことを明らかにするとともに、「現状では住民のやり方に批判の声が大きいと思います。しかし、なぜ住民がそのようになってしまったのかも考えてみるべきです」と、やや市寄りのスタンスです。全体としては、現実的な解決策を探るべきとの考え方のようです。
28. 深沢 達也☆(民主・市民ネット、吉祥寺東町2)…HPなし
29. 露木 正司(民主・市民ネット、境)…HPなし
30. 水野 学(民主・市民ネット、吉祥寺北町)…公式HPに記載なし

続いて、野党サイドの17名です(記号等、与党サイドと同一)。

1. やすえ 清治★(自由民主クラブ、関前)…ブログに法政跡地問題についての記載あり
2/11のエントリ「法政跡地問題」に、「しかし、気になるのは住民側の態度。ご自身達の住環境を守りたい気持ちはよくわかりますが、行政に対して完全にケンカを売るような態度で(中略)、この問題を理解しようとする方々(私もそうですが・・・・)の気持ちを損ねなければいいですけどもね・・・・・ そしてもっと気になるのは行政側の態度。というか市長の態度(中略)。これが行政の長たる人間の姿勢かと、その資格を疑わざるを得ません。」と、微妙に話がすり替わったりしてます。
2. きくち 太郎(自由民主クラブ、吉祥寺北町)…公式HPに特段の記載なし
3. 島崎 義司(自由民主クラブ、境)…ブログに度々法政跡地問題についての記載あり
1/30のエントリ「法政跡地問題の講演を聞いて」に、「私たち議会には、まだ正式にどのような案だったのか説明がなく、なんともいえませんが、邑上市長は市政運営の責任者としての決断をせまられていることだけは確かです。『大事なことは市民と決める』あるいはこういうときだけ『議会の意見を』などという責任回避は許されません。どのような責任ある対応をとるのか要注目です。」とあり、ここでも問題が邑上市長の責任問題にすり替わっています。
4. 小林 清章☆★(市議会公明党、吉祥寺本町)…HPなし
なお、平成18年第3回定例会(H18.9.6)における一般質問(法政跡地及び周辺のまちづくりについて)に、「市ができることに限界があることもある程度承知しておりますが、そこをどうおさめるか、現場に飛び込んで結果を生み出していかなければなりません。都市プランナーとしての経験を持つ邑上市長の手腕を期待していきたいと思います」との発言があります。
5. 小野 正二(市議会公明党、西久保)…HPなし
6. 田辺 あき子(市議会公明党、境南町)…公式HPに記載なし
10. 近藤 和義★(自由民主クラブ、中町)…HPなし
11. 鈴木 有臣☆(自由民主クラブ、吉祥寺東町1)…HPなし
12. 田中 節男(自由民主クラブ、境)…HPなし
20. 井口 良美(自由民主クラブ、八幡町)…HPなし
21. 石井 一徳(自由民主クラブ、吉祥寺本町)…HPなし
22. 金子 武☆(自由民主クラブ、吉祥寺南町)…HPなし
23. 山下 倫一(市議会市民クラブ、西久保)…ブログに特段の記載なし
24. 土屋 美恵子(市議会市民クラブ、境南町)…HPなし
25. 与座 武(市議会市民クラブ、西久保)…HPなし
26. 桑津 昇太郎☆★(市議会市民クラブ、吉祥寺東町3)…ブログに度々法政跡地問題についての記載あり
1/23のエントリ「法政跡地のマンション建設問題」では、「今おかれている状況を考えれば、今回の市の案は、住民の皆さん、地元にとっても取り得る最善の案と受け止めています(中略)。また、この問題を政治的な動きに絡める動きもありますが、今はまちづくりの観点からこの問題に全力を投じていく考えです。普通世間でよく見られるのは、地元住民の皆さんとマンション業者の間の紛争?ですが、ここでは市と対立しての推移です。これでは、業者が利するばかりです」と市の素案を現実的なプランとして評価し、地元一体となって業者(長谷工)への対応を呼びかけています。
また、平成18年第3回定例会(H18.9.6)における一般質問(法政大学第一中・高等学校の跡地問題について)および平成18年第4回定例会(H18.12.6)における一般質問(法政跡地に係わる地区計画について)も市議会の議事録に残されています。
27. 寺山 光一郎☆(市議会市民クラブ、吉祥寺南町)…公式HPに記載なし

という訳で、全30名の市議会議員の法政跡地問題に対するスタンスを検証してきた訳ですが、正直、これという程の傾向は見られませんでした(意見を確認できない人が多かったという面もあります)。強いて言えば、市の素案に対して反対している人は少なく、市(ないし市長)の説明不足を指摘する意見が多いこと、一部の野党の議員にこの問題を邑上市長の攻撃材料にするという政治的な動きが見られること、くらいでしょうか。

とは言え、議員提出による前述の「法政移転に関する決議」については、本会議において全員賛成で可決しており、「武蔵野市議会は、同校及び法政大学側が今からでも誠意を持って、跡地売却契約先に対して同校跡地の抱えている周辺住民の住環境維持等の課題解決に向けた要請を行う等、最大限の取り組みをしていただくよう強く求める」という点においては一致を見ているようですので、高さ規制の具体的な導入に向けて、市議会の足並みを揃えて精力的な活動を、住民側としてはもう少し期待したいところです。

なお、余談ですが、議員の方々のHPやブログを一通り見て回るのは、中々に面白かったです。HPは余り更新されていないケースが多かったですが、ブログは皆さんそれなりに更新されており、きちんと個々の問題に対する意見表明をされている方から、単なる行動記録でしかないもの(それでも何の情報発信もされていない方よりはマシですが)まで様々でした。市議会レベルでは政策ブレーンを持てる筈もなく、様々な問題に対する造詣を深めることは難しいとは思います。しかし、住民自治を推進していく中では、議員サイドの政策立案能力を向上させていく必要があり、そうした努力を日頃から住民も含めて行っていれば、マンション紛争のような問題は相当程度防げるのではないかと感じました。その意味で、住民側も問題が発生する前から、自らの権利についてもっと真剣に考えることが求められていると思います。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

コメント

お初です!

はじめまして、一寸法師です。
私の拙い記事なんざにリンクを張って頂きまして、どうもありがとうございます!
“拙い”とは言え、嘘は一切書いて無いつもりで居ります。

ご考察の通り、武蔵野市役所と武蔵野市議会の“実質上の”関係については、「一切の情報公開が行なわれていない」ってのが現実の様です。
これは、日本国内の何処の自治体においても似たり寄ったりなんじゃないかと私は思ってます。
(国政与党が現状を継続して“自民党”であり続ける限りは・・・・・)


戸締りの悪い家は、いずれ泥棒に入られちゃいますよね。
現在の“法政跡地問題”は、残念ながらまさにその「いずれ」が起こちゃったケースなんだと思います。
「戸締りがいい加減だった家(法整備がいい加減だった自治体)が、財産(市民が安心して暮らせる権利の保証)を盗まれてしまいつつある」
ってな訳です。
もちろん一番悪いのは泥棒なんですが、泥棒の侵入を防ぐ努力を怠った家にも‘少なからぬ責任が有る’ってのが昨今の考え方です。私もこの考え方に関しては、力強く首を横に振る事は出来ません・・・。(とても世知辛い考え方だとは思いますが・・・・・)

現在の武蔵野市役所及び武蔵野市議会多数派は、自らの保身の為に、その「自らの怠慢が引き起こした“悪い結果”」の責任を、あろうことか「執り合えず、今んとこは責任を市民に押し付けちゃっとこう…」って事にしてんだと私は考えてます。
(市議会議員多数派諸氏には、選挙がもうすぐ(今年4月)ですしね・・・・)

法政太郎さん(こんな不愉快なお名前でお呼びして宜しいんですか??)のブログには、これからも注目して行きたいと思っています。
今後とも、どうぞ宜しくお願いイタシマス!

  • 2007/03/06(火) 19:55:32 |
  • URL |
  • 一寸法師 #OeoVMgF2
  • [ 編集]

コメントありがとうございました

事後ながら、リンクのご承諾をいただければ幸いです。<a href="http://kirei79uki.seesaa.net/article/33293032.html">ブログ</a>にコメントさせていただきましたので、宜しければご覧下さい。

  • 2007/03/07(水) 00:18:30 |
  • URL |
  • 管理人(Hosei.Taro) #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://higashichomanshon.blog86.fc2.com/tb.php/11-9c70ba0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(仮称)カーサセレブ南17条建築問題

閑静な区画(札幌市中央区南17条西8丁目)に、突然、10階建のマンションが建築されることになった。

  • 2007/03/04(日) 12:23:17 |
  • マンション問題

高さ規制の悪用を許してはいけません

最高限度以下であれば何をしてもいいという発想では、景観や街並みの形成という本来の目的を

  • 2007/03/08(木) 21:49:47 |
  • 高さ規制の悪用を許してはいけません

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。