吉祥寺東町の法政跡地問題を考える

各地で高層マンション建設を強行、地域住民との紛争多数。モラルゼロの最低マンション専業ゼネコン・長谷工コーポレーションによる、吉祥寺東町・法政高校跡地の高層マンション建設計画を追跡するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご挨拶

はじめまして。

ここ、東京都武蔵野市吉祥寺東町には法政大学の付属校である法政第一中・高校が昔からありました。この法政高校が来年、三鷹市の旧・東京女子大牟礼キャンパスに移転することとなったことから話は始まります。

移転した後の跡地を、法政大学側が武蔵野市の買取要請を無視して準大手のマンションデベロッパー・長谷工コーポレーションに売却。長谷工は、周辺が低層住宅の学校跡地に、地下1階、地上11階建の高層マンション建設を計画していることが分かりました。

詳細な経緯はまた後日記載していきますが、地域住民としてはとても承諾する訳にはいかないこの計画を少しでも多くの方に知っていただきたいと思い、このブログを開設しました。モラルのかけらもない長谷工はもとより、教育機関としての矜持を持っているとはとても思えない法政大学の対応まで、決して他人事ではない誰にでも突然降りかかるかもしれない問題として是非ご理解いただきたいと願っております。
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。